コストへの意識とインフラエンジニアの役割

インフラエンジニアは、社内システム等の設計や構築、運用や保守などを担う職種です。企業にとってはインフラがしっかりしていることが業務を行う大前提にあることから、その運用は保守を担う人材は必ず必要であり、転職先として運用や保守にかかわる仕事は比較的豊富にあります。
しかし、そこで漫然とトラブルシューティングに携わっていくことになるか、その企業にとって大きな利益となる仕事を達成できるかはインフラエンジニアとしての考え方によります。もし活躍する道を選ぶのであれば、何より重要なのはコストに対する考え方を持つことです。

インフラとなるシステムは正常に動作していて当然というスタンスであり、それが障害を起こしてしまった場合には、その時間分だけ仕事が滞ることになり、企業としてはコストが生じることになります。
したがって、障害発生率を下げたり、ダウンタイムを減らしたりするインフラシステムの改良を日常的に行っていくことで、企業としてのコスト削減に大きな寄与をもたらすことができるのです。

こういった視点をもって改良を行い、数字にして自分の行ってきた実績を述べられるようにすると、その勤め先に対してもインパクトを与えることができますし、次の転職の際にわかりやすい実績として評価の対象にしてもらうことが可能になるのです。こういったコストに対する視点をもってインフラエンジニアとしての仕事に当たっていくと次々に仕事の道が切り開けるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>