インフラエンジニアとソーシャルゲーム界

システムエンジニアとして最先端のIT業界で激しい競争に揉まれていくと、プログラミング技術やネットワークに関する知識を一通り持ち合わせることができます。しかし、システムエンジニアからプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーへのキャリアパスを歩める人はそれほど多くはなく、スペシャリストとなるか転職を考えるというのが一般的な道になります。

最近のエンジニアの活躍できる道として、ネットワークを使ったゲームの広まりがあります。ソーシャルゲームの広まりは著しく、その開発から維持管理を行うインフラエンジニアのニーズが高騰している状況にあるのです。
ゲームというと多くの人が楽しんでいるものであり、プログラミングをアマチュアとして学んでいた頃には、ゲームが好きでゲーム作りをしたかったからという人もいるほどです。

そのため、こういったインフラエンジニアは最近のトレンドとして、人気のある職種となっています。
ソーシャルゲームを開発する企業がフリーランサーを相手に外注を行っている場合もあり、こういったゲーム開発にかかわっていくのも転職の道として、そしてフリーランスを営む道として十分にあり得る物になってきているのです。
インフラエンジニアのニーズは企業のシステム管理や維持の際にも重宝されることから、転職として一般企業に勤めることも、ゲーム業界で新しい道を歩んでいくことも、フリーランサーとなることもできる道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です