転職でも問われるインフラエンジニアの資質

インフラエンジニアとして働く人にとっては、キャリアを形成していくことを念頭に置いた際に浮かんでくるのが、35歳という年齢です。なぜなら、技術的スキルを蓄積するだけで勝負することができる時期が、35歳くらいまでと見られているためです。

インフラエンジニアの仕事は、年齢に相応しい資質があるとされています。具体的な年齢で言うと、25歳くらいまでは技術をとにかく好んで習得していく時期になり、30歳くらいまでは、技術をどんどん蓄積していった上で、それを得意分野として仕事に応用していく時期になります。
そして35歳になる頃には、自分の得意とする分野でリーダーシップも学んでいく時期となるでしょう。
35歳を超えたら、自分の行動や発言で、顧客に対してや会社など周りに影響を与えることを自らの仕事の中に取り込んでいかなくてはなりません。というのは、35歳以降は思考力や責任感などの人間的な面が問われてくるからです。

つまり、年齢に応じてふさわしい言動を伴っていないと、例え転職の面接を受ける際にも、若手のエンジニアと同等の基準で合否が決まってしまう可能性があるのです。ある年齢以上のインフラエンジニアには、問題を解決する仕事も求められてきます。そうした仕事の中でも、自らの言動で顧客やチームメンバーに明確に問題提示する能力が必要です。
将来を見据えて常に言動に気を配り、日頃から人間的な資質を高めていく意識が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です