インフラエンジニアに役立つスキル

インフラエンジニアは、組織や企業において利用する情報システムの設計、構築、テスト、評価、運用、保守といった幅広い仕事を担い、その組織や企業のインフラを作り上げ、メンテナンスを行う中心となるエンジニアです。
担える仕事の幅も広い反面、幅広い知識と経験が必要とされる面があるのです。
そのため、転職においてインフラエンジニアとなることを考えるのであれば、まずは自分の専門とする領域を決めた上で、仕事をしながらその扱える領域を広げていくのが得策でしょう。

しかし、ネットワーク構築がインフラとして必要とされる時代となったことから、ネットワークエンジニアにインフラの構築の仕事が担われている面も大きく、情報システムの設計や構築といった部分よりも運用や保守において需要が高くなる傾向にあります。一方で、運用や保守を行う対象についても、サーバやソーシャルゲームを扱う案件が増えている傾向にあり、ネットワークにかかわる知識が必要とされる仕事が多くなっているのも事実です。

そのため、インフラエンジニアとして転職を行う場合には、自分の担っていきたい領域に加えて、ネットワークにかかわる知識を習得しておくことが重要になります。
むしろ、ネットワークエンジニアとしてインフラの構築や運用にかかわるというスタンスをとった方が、よりトレンドに合ったスタイルにすることができるでしょう。
ネットワーク系のスキルを取得することは転職の道を広げるものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です